衣服から歴史を知る

 歴史に沿って当時のパターンや作り方を研究し、現代の素材や縫製方法で出来る限り忠実に再現をした衣服。現代の衣服とは構造も形も全く違います。

 

腕の形、ウエストの形、バストの形、歴史によって少しずつ流行が変わるにつれて、衣服は変化していきます。

 

アトリエSHIONEでは250年前〜の近世ヨーロッパの衣服を研究し、現代の日本人でも着やすい形で再現、制作しています。

 

マリー・アントワネットはどんなドレスを着ていたの?

ロココのドレスって本当はどんなドレス?

ドレスの歴史はどんな風に移り変わっていったの?

 

なかなか触れることのできない『着る歴史』を、常に世界中の資料から読み解き研究を進めています。

 

『着る歴史』を楽しむ

 

ヒストリカルコスチュームを知ることで、歴史、絵画、音楽、また歴史を題材にしたオペラやミュージカルも今までと違った観点で見ることができます。

 

「絵画の中に自分が着たドレスが!」

 

なんて発見も。きっと今まで見たり聞いたりしていたものが、より一層楽しめるようになるでしょう。

 

世界の各地ではヒストリカルコスチュームを楽しむ文化がたくさんあります。ヴェネチアのカーニバル、ヴェルサイユ宮殿の舞踏会、各地で行われるお祭りやイベント等を現地で体験したスタッフが『歴史扮装を楽しむ』文化を日本の皆様にも知っていただくのが、アトリエSHIONEのコンセプトです。


コレクション

ローブ・ア・ラ・フランセーズ(18世紀中期~後期)

アビ・ア・ラ・フランセーズ

ローブ・ア・ラ・ラングレーズ(18世紀後期)

ローブ・ア・ラ・ポロネーズ(18世紀後期)

シュミーズドレス(18世紀後期〜19世紀初頭)

ローブ・ド・クール

リージェンシードレス(19世紀初頭)

クリノリンドレス(19世紀中期

バッスルドレス(19世紀後期)

※2021年11月現在


LINE

 

Twitter

 

Instagram  

 

YouTube 

 

note