Robe à la française (1730〜1789)

 

18世紀のフランス宮廷を代表するドレス。

横に張り出したパニエで膨らませています。

ローブ、ペチコート、ストマッカーの3つから成り立ち、着用年代によってパニエの大きさ、髪型などが異なります。

背中にあるヴァトープリーツと呼ばれるヒダが特徴的。

年代によって、生地の色やデザインも様々で多くの女性が宮廷内で着用しました。流行のピークはポンパドゥール侯爵夫人が活躍した時代です。

 

主な関連項目

ポンパドゥール侯爵夫人

マリー・アントワネット

アントワーヌ・ヴァトー

ジャン・オノレ・フラゴナール

 

 

Instagram 

note